こんにちは、のんびり父ちゃんです。

大暴落が一服してますね。
市場は正気に戻ったんでしょうか?
株と一緒に暴落していた安全資産の金も上げてますし。

しかし、
ヨーロッパやアメリカの様子を見ていると、コロナはまだ収束には程遠い感じですね。
日本だけなぜか平常運転気味。
のんびり父ちゃんは、なんやかんや言って今年の7月にオリンピックは開催されるんだろうな、なんてのんきに思ってました。
どうやら世界との温度差が物凄かったようです。
世界の国々は、オリンピックなんて絶対無理、ってとっくに考えていたんですね。


株価もさらに下落でしょうか。
今はちょっと自律反発しただけ?

各国の金融緩和で株価が反発する事もあると思いますが、底入れはまだだと思います。
かといって売りで行けるかというと、金融緩和の上昇が怖いですからね。
ふう。


まあとにかく、のんきに構えてたら、東京封鎖もありえるかも、って。
驚きましたよ。

まず、東京封鎖、なんて言葉が出てきましたからね。
ギャグやSFじゃないんですよ。
小池さんが言ってるわけです。
昔「日本沈没」という小松左京のSFがらありましたが、東京封鎖、というのも
なんだか現実離れした感じがします。
いやいや、しかしこれは現実です。
事実は小説より奇なり、ですね。

筒井康隆が書いた「日本以外全部沈没」は、
小松左京の小説「日本沈没」をパロディ化した小説です。
日本以外の国が水没して、日本に人々が押し寄せるんですが…
それの映画化されたのを見ましたよ。


ヨーロッパの隔離された都市のイメージが、なんだか、進撃の巨人に重なっちゃうんですよね。
このまま封鎖状態が続くと、
中世の、城壁の中に家が立ち並ぶ都市にまた還るんですかね。
敵は敵兵ではなく、目に見えないコロナですが。


現実は過酷です。
ちょっと現実逃避したくなりました。

 
のんびりやりましょうよ。



にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村